タイムパーキングで空車、空き土地を一括借り上げ。
初期投資0円、駐車場管理不要のコインパーキング運営。

タイムパーキング

まめ知識

トップページまめ知識
コインパーキング機器を買って、自分で駐車場経営 →「機器を買って駐車場経営」サイトへ チャレンジ25 タイムパーキング株式会社はチャレンジ25キャンペーンに参加しています。

コインパーキングについて、お伝えしたいこと。

コインパーキングの需要と今後

日本全国で車の台数は約7400万台といわれています。これだけの車が町中を移動するにあたって、コインパーキング(時間貸しの駐車場)の台数は、わずか700万台といわれています(2010年4月現在)。 1台の車が移動するためには複数の駐車スペースが必要です。コインパーキング台数と車の数を比較してわかるように、コインパーキングは、まだまだ不足しています。とくに首都圏、関西中心部、政令指定都市においてはその現象が顕著です。業界で大手数社の合計でさえ、全体シェアの5〜8%であることを考えると、いかにたくさんの会社の参入があるか、またニーズが存在するかがうかがい知れます。車を所有し、生活するには、1台の車につき、車庫だけでなく、外出先含め数か所の駐車スペースが必要だという事実もその一つです。あるコインパーキングのすぐ近くに別のコインパーキングが併設している、などという光景はよく見かけますが、駐車場のマーケットは200m圏内といわれますので、少し近くにあるくらいではマーケットの削り合いにならないケースが多いのです。


法律改正後もニーズが増大、コインパーキングはエコにもなる

2006年6月から、警察官だけでなく民間の監視員による放置・駐車違反の確認が行われる様になりました。今まで以上に路上駐車に対する取締りが厳しくなる中で、コインパーキングの需要が高まっています。コインパーキングは、現状、数が足りない状態です。交通の妨げになる場所での駐車は交通渋滞をもたらし余分な排出ガスを出させる原因となります。平均車速が時速40kmから時速20kmに落ちると、31%程度の燃費悪化に相当すると言われています。 (チャレンジ25公式ホームページ参照)


PAGE TOP
無料相談・お問い合わせ